眼鏡の聖地 ~鯖江の旅①~   福岡天神大名の眼鏡(メガネ)のセレクトショップGlass Shop EYEROBICS(アイロビクス) 

5月も残すところ数日。
いよいよ九州も梅雨の季節となってきます。

こんばんは。
Glass Shop EYEROBICS 河端です。

先週の火曜日、水曜日と定休日+臨時休業を利用して
アイロビクスは「日本が誇る眼鏡の聖地」福井県鯖江市へ研修の旅に行ってまいりました。
image1654
今回の鯖江の旅にあたってお世話になりましたのが
当店でもかなりの人気を誇る『BJ Classic Collection』のブロスジャパンさん。
小松空港に朝9時前には到着。
朝早い中、空港にお迎えにまで来てくださり一路ブロスジャパンへ!
_DSC0460
一際目をひく看板が目印です。
_DSC0457
白を基調としたお洒落な外観!
_DSC0461
アンティークな看板も素敵ですね~。
_DSC0466
工場見学の前にブロスジャパン事務所の中で復習。
これからお伺いする工場、そして職人さんたちの作業工程のお話。
_DSC0467
しかも、貴重なモデルを見ながら・・・
_DSC0468
BJのストックルームも拝見しましたが、24時間空調で管理されており
たくさんのモデルたちが勢揃い!
ここでお酒でも飲みたい~
_DSC0481
最初にお伺いしたのは、事務所近くの“カシメピン”の工場。
BJのシンボルでもある“六芒星”のカシメが出来る工程を見ていきます。
_DSC0484
この、ぐるぐる巻きの線からカシメピンを1本1本切断し
ピンの頭を溶接していきます。
_DSC0503
_DSC0500
_DSC0496
1本、1本が手作業なのです。
_DSC0486
_DSC0488
workflow_img11
たくさんの工程を経て、私たちの手元に届くまで約4ヶ月
鯖江の眼鏡はこのように、一貫生産ではなく分業で作られています。
_DSC0498
この繊細な職人さんの作業を間近で見ることが出来、
大変、貴重な経験ができました。
私自身、2度目の鯖江でしたが以前の記憶と今回見た気持ちは
また違うものがありました。
何年も前のことなので、価値観や見てきたものも違い
また新しい世界観が自分の中で広がった気がします。
_DSC0487
それでは、次回~鯖江の旅②~ セル工場編へ・・・
_DSC0510

アイロビクスのインスタグラムはコチラから!
フォロー大歓迎です♪ 

↓  ↓  ↓
instagram
***********************************************************
お電話でのお問い合わせも承っております。

Glass Shop EYEROBICS

福岡市中央区大名2-1-55-1F
tel:092-737-1187
mail:info@eyerobics-glass.net


福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしております。

***********************************************************
【営業時間のお知らせ】

5月の定休日
10日、17日、24日、31日

毎週、火曜日は定休日となっております
※お間違いのないよう宜しくお願いいたします。

メールでのお問合わせはコチラ

facebookはコチラ

眼鏡名店街はコチラ

《取扱いブランド》
JAPONISM,EnaLloid,OAKLEY,BJ Classic Collection,
OG×OLIVER GOLDSMITH,USH,MYKITA,TOMFORD,MAX PITTION
Persol,BOSTONCLUB,THIERRY LASRY,Frency&Mercury,
BCPC,MUGUET,LAFONT,KAMURO,ORGREEN,AKITTO,
Karen Walker eyewear,DIFFUSER,Mr.Gentleman
J・F・REY,BOZ,MASUNAGA,Kazuokawasaki,Miko
Metropolitan CROSSbottle,one/three
adidas,marimekko,VIKTOR&ROLF,
RECSPECS,etc..


カテゴリー: ブログ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です