My wonderful glasses are “BJ Classic Collection”. -007-

こんばんは
Glass Shop EYEROBICS井手です。

今日は暖かい日曜日でお天気も良く、気持ち良かったですね。
紅葉を見に行って、温泉に入って(o^∇^o)ノとかしたいな~とか思いつつ、、、

さて、11月1日から開催しております、BJ Classic Collectionのトランクショー♪
おかげ様でご好評頂いております。
今日も大分からHPを見てご来店頂いたり、遠い所ありがとうございました。
出来上がりを楽しみに待っていてくださいね。

本日のお客様ご紹介は、先日BJ Classic の『P-508』を買ってくれた私の友達の『N』さんです。
いつも家族で来てくれるのですが、お子さんも友達に段々似てきてとても可愛いです♪
今回はご家族で撮影協力してもらいました(^^)



今回選んで頂いたモデルはこちら♪
BJ Classic 『P-508』

とってもお似合いでした(^○^)
また近くを通った時とか洗浄や調整に寄って下さいね♪

そして今日はBCPCから新作第2弾も入荷していますので、次回のブログでご紹介したいと思います。

お楽しみに~
福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

お待たせしました!BCPC(ベセペセ)新作入荷しました。

こんにちは
Glass Shop EYEROBICS河端です (^-^*)/!。

井手さんが顔文字を良く使っているので、初めて使ってみました。
あっ初めてってブログでの話ですよ。
普段のメールなどはバリバリ絵文字です(笑) なんて・・・
僕を知ってる人からすると僕がバリバリ絵文字とかキモいですよね~・・・m(。・ε・。)mスイマソ-ン
私生活は、いたってシンプルです。

なんで顔文字からスタートしたかというと、今日は超キュートな眼鏡のご紹介だから!
ちょっとテンション変えてブログを書きたかったのです。
常にお客様の目線でと考えているからなのですよー。(笑)
では長くなりましたが、お付き合いありがとうございました。
『超キュートな眼鏡の登場です』

BCPC(ベセペセ)
ようやく新作が到着しました。
待ちわびてたのは、まずスタッフ(笑)
入庫処理してすぐさま店頭へ並べました。撮影がその分遅れ今の掲載となりました。

それでは紹介していきます。

BCPC BP-3140 Col.01 ¥27,300

BCPC BP-3140 Col.04 ¥27,300

デザイン性も高く、アイラインを引いたようなフレームラインが特徴的。
フロント部分はステンレスシートの2枚重ね奥行き感もあり目元の演出も華やかに。

BCPC BP-3140 Col.05 ¥27,300

生地感もすごく素敵で綺麗です。

ポップも新しくBCPCコーナーも明るくなってきました!
女性の眼鏡を語る上でかかせないブランド“BCPC”。

是非福岡 天神大名のアイロビクスでお試しください。


その他お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

色弱補正用眼鏡レンズ『ダルトンレンズ』

こんにちは
Glass Shop EYEROBICS井手です。

今日は、色弱用補正レンズ『ダルトンレンズ』 についてご紹介したいと思います。

色覚異常(色弱)は遺伝子の変異のため、色の見え方が通常より少し異なります。
日本人では男性20人に1人、女性500人に1人の約300万人の方が色弱だと言われています。
ただ色弱といっても大半の方は特に生活に支障がなく過ごしていらっしゃいます。
しかし、職業柄必要だったり、今の季節の紅葉狩り、夏の花火大会の時など、このメガネを通して見た方が断然綺麗だったりします(o^∇^o)ノ

現在の医療では色覚異常を治療することはできず、『ダルトンレンズ』のような補正手段しか方法がないのが現状です。そして以前は小学生の時に検査があっていたかと思いますが、平成15年に検査が撤廃されてからは自分が色覚異常だと気づいていない方も多くなってきました。

と、前置きが長くなりましたが、どのようなものか実際に♪

このような物を検査で見た方も多いと思いますが、初めは『89』に見えるか『52』に見えるかで判断します。
それから下の写真の12種類あるレンズの中からパソコンを使った検査によってどれが適正なレンズなのかを選んでいきます。

実際にレンズを通してみるとこの様になります。


実際に検査をしてお客様と話していると、
・焼き肉の焼け具合が分かりにくい。
・コカコーラの自動販売機が暗い赤色だと思っていた。
・白いシャツと思って着てたけど、実際ピンクのシャツを着ていた。
・赤茶色を緑っぽい茶色だと思っていた。(当店の床の色が赤茶色なので)
など、やはり裸眼だと少し認識が違うようです。

奥さまや彼女さんといらっしゃる方も多いのですが、
「今までどんな感覚なのか理解してあげれることができなかったけど、これでわかったわ~」
とお連れの方も喜ばれます。
家族で紅葉狩りなど行かれる時は気持ちが共感できる分、更に楽しくなりそうですよね(o^∇^o)ノ

当店ではこのレンズを取り扱いを始めてから十数年経ちましたが、毎月福岡の方だけではなく、県外からも沢山の方に体験に来て頂き、見え方に感動して頂いています。

まだまだ知らない方も多い、この『ダルトンレンズ』。
無料体験も行っていますので、ご興味がある方、周りの方に色弱の方がいらっしゃったりしたら是非お気軽にお問合わせください。

その他、目に関する質問やご相談。眼鏡の修理なども随時受け付けてます。

福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

My wonderful glasses are “KAMURO”. -006-

こんにちは
Glass Shop EYEROBICS井手です。

今日は一気に冬が来たかのような寒さでしたねw(゚o゚)w
昨日も福岡は午前中すごいカミナリで外に出るのが恐ろしくなるようでした。
ちょっと前に薬院のマクドナルドの看板にカミナリは落ちたし、、、Σ(゚口゚;
皆様の周りは大丈夫でしたでしょうか?

さて、今日はそんな悪天候も吹き飛ばしてくださるような、いつも笑顔が素敵な『O』様をご紹介したいと思います。
お出ししたローズヒップティーを片手に♪


今回のレンズは『HOYA サンテック ミスティアッシュグレー』で調光レンズにして頂きました。
サンテックのミスティ系の調光レンズは紫外線を浴びるとほんのり淡い色に変色します。室内では透明なので色が邪魔することなく、屋外ではアイシャドウに一塗り加えたような演出に(^^)ニコ♪
普段お着物も着られるとの事でしたが、和装にも合いそうですね♪

お店には秋の展示会で仕入した眼鏡達が徐々に入荷しています。
随時HPでもご紹介していこうと思っていますのでお楽しみに(^^)

そしてお店ではゆっくりとしたお時間を過ごして頂けるように黒豆茶やコーヒーにジャスミンティなどご用意しています~

福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

アイロビクスの技術的なブログ。

こんばんは
Glass Shop EYEROBICSの河端です。

今日は、商品紹介から少し離れて普段お店で行っている基本的な技術のお話。

アイロビクスでお取り扱いしている眼鏡は国内から海外フレームまで様々。
もちろん『ジャパンフィット』と呼ばれる日本人向けにサイズ感を合わせたモデルもあります。
特にセルフレームと呼ばれるプラスチック系のフレームは
メタルフレームのように鼻足が無い為、そのままではまず調整は不可能。

(画像はメタルフレーム。画像のように工具を使い調整可能)

(画像は、一般的なセルフレーム。奥が『ジャパンフィット』)

手前が、ノーマルパッド。


見てわかる通りで鼻の高さも変わりズレにくく日本人の鼻筋に合わせやすいパッドの形状。
もちろん、ノーマルのままでも大丈夫な方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、掛け心地を追求していくとパッドの交換は避けては通れないのです。

アイロビクスではノーマルの状態からジャパンフィットのノーズへの付け替えも行います。
これはご購入いただいたお客様には無料で行っているサービスです。

場合によっては、元々ジャパンフィットのモデルで鼻が高い方などには逆に削ることもあります。
それほど、見極めが大切な部分であるのです。

そして今回のご依頼は、掛け位置を上げることと“まつ毛”対策。
プラス、デザインを損ないたくないので付け替えではなく別の工程を踏みました。

まずノーマルの状態。
この状態のまま特殊な樹脂系の液体をノーズ部分に塗っていきます。
そして光にあて硬化させてノーズを大きく盛っていきました。

だいぶノーズが大きく盛れているのがわかります。
また別の角度から

上画像はノーマル。

そしてカスタムバージョン。
これだと付け替えと違い見栄えも綺麗にジャパンフィットに近づきます。

フィッティングの際に、ノーズのタイプを見極め最適なパターンをお話して
快適な掛け心地へとお導きいたします。

もちろん、現在お持ちの眼鏡やサングラスをお持ち込みいただいてもOKです。
お気軽にお問合わせください。
その他、目に関する質問やご相談。眼鏡の修理など随時受け付けてます。

福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

My wonderful glasses are “SMITH”. -005-

こんにちは
Glass Shop EYEROBICS井手です。

初めてのブログ投稿です=*^-^*=にこっ♪
体調崩し2週間程お休みを頂き、さぁ!やるぞ~と張り切って復帰したら今度は左の親知らずか痛み出し、ブサイクな感じで顔が腫れ、、、でも、ようやくもうすぐ本調子にもどります♪♪
歯が痛いって本当につらいものですね。。
最近すっかり寒くなってきたので皆様もどうか体調にはお気を付け下さいませ♪

それでは本日は、先日“SMITH”のスポーツサングラスをお選び頂いたお客様のご紹介です。

いつも優しくて素敵な常連様の『S』様です。
今回はジムやゴルフの時に使えるスポーツサングラスという事で選んでいただいたモデルはこちら。
SMITH RHYTHM black  

度付きサングラスなのでレンズ加工もこの様な感じに仕上がりました


※画像加工がまだ上手くなく少々荒い感じですがお許しください。<(_ _)>

度付きレンズもこの様にしてダイレクトにフレームにレンズをはめ込むことができます。

そして今回、屋外のゴルフなどのスポーツ、屋内のジムでの両方でのご使用ということでしたのでレンズは調光レンズをご提案しました。屋内ではレンズは透明。でも屋外で紫外線に反応しレンズがグレーに変色します。
近日中にゴルフに行かれるとのことでしたので、これを掛けて頂いていいスコアになりますように!応援しています\(^▽^)/



スポーツサングラスにご興味のある方は是非
福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


コメントはありません コメントする

Frency & Mercury 新作が続々入荷中!!


もはやサングラスは、ファッションアイテムの一部となり、それは日々進化し続けています。
そしてアイロビクスにもオールシーズン使えるデザイン性も高いサングラスが入荷してます。

福岡でも唯一の取り扱いブランド。
Frency & Mercury(フレンシー&マーキュリー)

こんばんは

Glass Shop EYEROBICSの河端です。

“Frency & Mercury”の新作サングラスが入荷しております。

Frency & Mercury JAM or LIP CCH ¥29,400
大きめのウエリントンであらゆる雰囲気にも合わせやすいカラーリングも魅力。
女性の方の場合、レンズシェイプで小顔効果も得られるモデルです。

Frency & Mercury JAM or LIP TG ¥29,400
クリアグレーで男性の方ならキレ感ある引き締まった印象に。



Frency & Mercury JAM or LIP AB ¥29,400
ユニセックスで掛けていただけるブラックはもはや定番カラー。

そして“Frency & Mercury”のサングラス全モデルに共通する内面マルチのレンズ。
こだわりのコーティング仕様。

デザイナーの“Eque.M氏”のサインもしっかりと。

新作が続々入荷する中、際立つ“Frency & Mercury”のこだわりサングラス。
是非福岡 天神大名のアイロビクスでお試しください。


その他お問合わせはコチラ


そして、熊本からお客様がご来店!お久しぶりの吉井さん!

約束通り年内、飲みいきましょ~(笑)


コメントはありません コメントする

新作発表後 最速トランクショー 好評開催中!!

こんばんは
Glass Shop EYEROBICSの河端です。

昨日は、お休みをいただいて久しぶりの帰省。
予告なしの帰省だった為、友人と電話して時間も合わず・・・
ぶらぶらと熊本市内から南関までドライブして帰ってきました(笑)

帰り道、紅葉も見れたしのどかな休日となりました。
また近いうち熊本にも遊びいこうと思います。

ところでお店では、毎日ファンが増加中の
『BJ Classic Collectionトランクショー!』まっただ中。

その中から普段ではなかなか紹介できないモデルや、特別カラーなど
ブログでご紹介していきますね。

メタルタイプのラウンドに近いボストン。
新作です。
BJ Classic Collection COM-109S C-3 ¥29,400

少し大きめのレンズシェイプで我々日本人には合わせやすいクラシカルフレームです。
ノーズパッドには、クラシカルの真骨頂ベークライト製でカシメタイプ。

今回のトランクショーでかなり注目を浴びているモデルです!

BJ Classic Collection COM-109S C-8 ¥27,300

こちらは、カラー違いですが七宝巻きではない為少しお値段はお安く設定。

七宝巻きも綺麗な仕上がりです。この角度から見る感じ美しい・・・。
メタル部分はアンティークゴールドでこのシェイプにはピッタリのカラーだと思います。

まだまだ、ご紹介したいのですがまた後日。
明日からの週末、クラシックな雰囲気で眼鏡を選んでみてはいかがでしょうか。
眼鏡も文化です。作り手の思いやストーリーを店頭にて是非感じてみて下さい。

全国最速新作発表会!
期間は、11月30日まで ロングラン開催です!!

福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


BJ Classic その他お問合わせはコチラ


昨日、MYKITAの竹村さんがいらっしゃってました。
今朝出勤したら、おしゃれ~なトランプ?が!!

裏がまたまた、おっされ~
モデル紹介にもなってるじゃん!!
竹村さん、ありがとうございました。
井手さんと遊んでみます!!


コメントはありません コメントする

“EnaLloid”の新作入荷 『EMMA』

Glass Shop EYEROBICSの河端です。

新作フレームが続々と入荷していまして、早くブログにてご紹介したいのですが
画像なども追い付いてなく申し訳ございません。。。
今日やっと、撮影の時間ができたのでアップしていきます。

早くご紹介したくてウズウズしていたモデルです。

“EnaLloid”EMMA

撮影に間に合った3色をご紹介します。

EnaLloid EMMA Col.01 ¥25,200


EnaLloid EMMA Col.02 ¥25,200


EnaLloid EMMA Col.058 ¥25,200

ナードな印象になりがちなボストンタイプのラインを極端に細く仕上げてあり
クラシックな雰囲気と現代風のシャープさを併せ持ったモデルです。


特にCol.02は個人的にも好きなカラーで、すごく綺麗なんです!

男女OKな眼鏡で、様々なシーンで使えること間違いありません。

是非、“EnaLloid”生地感・スタイルを店頭にて感じてみてください。

福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


BJ Classic その他お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

IOFT 東京展示会の報告ブログ 2日目~最終日編

なんと、今日のブログは2本立て!
お得ですね~(笑)

最近は、あまり見かけませんが映画も2本立ってありましたよね。
あれってどっちから先に見るかとかワクワクしたもんです。
なので、今日は僕的にお得なブログです。

こんにちは
Glass Shop EYEROBICSの河端です。

東京出張の記事がまだ途中だったので、新鮮なうちにご報告いたします!

2日目は、ほぼ1日ビッグサイトで仕入を行い。
19:00~恵比寿へ移動して仕入&パーティーです。

まずMYKITA(マイキータ)の竹村さんと!
今回の“MYKITA”特に良かったです!新作入荷次第またご紹介いたします。
お楽しみに。

そして、当店でも女性に圧倒的支持をいただいてますLAFONT(ラフォン)のブースへ…

宮本さんと久しぶりの再会!
満面の笑みで迎えていただけました。近く福岡にいらっしゃるとのこと♪
お待ちしてます!

ここで凡ミス…仕入に没頭する中、写真を撮り忘れてしまいました。。
この他たくさんのブースを回ったにも関わらず画像がありません。スイマセン

そして、恵比寿へ移動。
ここでは、EnaLloid(エナロイド)ORGREEN(オルグリーン)の新作発表です。

本当にお世話になっている三島さんと担当の紙谷さん。
パーティー前ともあり3人ともいつもと違うテンション(笑)。
ここでは、熊本の蒲池さんとも一緒になりしばしリラックスした仕入となりました。
蒲池さんはすごくおしゃれでお店も素敵なんですよ。


蒲池眼鏡舗さんのホームページはコチラ


そして一緒に渋谷のパーティ会場へ移動。
全国のお店様とも交流できる貴重な時間。今年も素敵な出会いがたくさんありました!
充実した2日目。

そして最終日、訪れたのは『BLOW』の会場。


こちらでは、BJ Classic Collectionを見にきました。
今回のBJ、かなり充実した仕入となりました。
お店でも更なるファンが増える可能性大!
浜田社長に癒された最終日でした。ありがとうございました。


そして、もう少し先になりますがアイロビクスに新ブランドが加わります!!
今後のブログは要チェックです!僕も待ちきれず…!って感じです。

今回の展示会、1人で回るのは初めてだったのですが改めて“人との繋がり”を感じました。
いろんな方々に支えられて今の自分があるんだと
今回感じたことや作り手の皆さんの思いをお客様にも伝えていきたいと思います。

スタッフみんなであたたかいお店を作っっていきます。
福岡 天神大名のアイロビクスをこれからも宜しくお願いいたします。


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

IOFT 東京展示会の報告ブログ 初日編

毎年この時期になると眼鏡業界は慌ただしく動きます。
各ブランドの新作発表&受注会『IOFT メガネの国際総合展』が行われます。
ここで、僕たちは新作の仕入をしてきます。

新作を見ることができるワクワクした新鮮な気持ちと
いざ仕入となると真剣な見定めが必要。
眼鏡と真剣に向き合う重要な3日間なのです。

では、その模様を少しづつご紹介していきます。

毎年、眼鏡の展示会はここ“東京ビッグサイト”で行われます。
ここ数年、会場以外でも展示会は行われていて僕らは移動につぐ移動!
まず東京に着いて向かった先は….

『Frency&Mercury』のブティック
肝心のサングラスの画像はありませんが、今回の新作もかなり僕好みのモデルばかりでした!

そして皆様と記念撮影。


木下さんとデザイナーの“Eque.M氏”と川地さん。
皆様ホントにお優しい方ばかり…少しの時間でしたが癒されて次の会場へ

向かった先は、ビッグサイトそばの“TOC有明”
こちらでは『SITE』と呼ばれる展示会が行われてます。
『TOM FORD』の新作を見にいきました。

こちらでも担当の澁谷さんと記念撮影!

澁谷さんとは福岡にいらっしゃった時にお会いして今回2回目。
忙しさ満点の時間帯でしたのでゆっくりお話できなかったのが残念。
来月、福岡で飲みましょう♪
そして、話題のあのモデルも発注してきました!まだ先の入荷になりますが
こうご期待です。

そして夕方やっと『IOFT』会場入り!

ちょうど会場では、今年の“メガネドレッサー賞の授賞式”まっただ中
今年はこの方々が受賞。メガネ女子が強い印象でした。


次のアポイントは『FACEaFACE』
新作もファースらしいモデルがたくさんあり、楽しい仕入となりました。
卜部さんとは、春の展示会以来でしたがお会い出来るとやっぱり嬉しいです。

ブースにはこんな素敵な眼鏡も!

ほんとに歩き回った初日、えっと何回電車乗り継いだっけ…


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする

古き良き時代のクラシックヴィンテージ。

こんばんは

Glass Shop EYEROBICSの河端です。

良い物を永く使うと愛着もわくもの。
今、物への価値観は少し昔と変わってきたのではないでしょうか。

物を大切に長く使うこと。

有名な話ではありますが、ヤンキースのイチロー選手はフォアボールの際、
他の選手と違った行動をとります。
多くの選手はバットを放り投げて一塁ベースへと向かいます。
しかし彼はバッットを投げたりしません。
そっと音もたてないくらいに静かにバットを置きます。

何がすごいのかとゆうと彼は一流の選手とゆうこと。
当たり前のことを当たり前にする。物を大事に愛着があるからこそ、自分で手入れもするし
磨きもかける。
物を大事にするからこそ本当の一流なのだな~と思います。

長くなりましたが、職人が魂を込めて作る眼鏡のご紹介。

BJ Classic Collection
(ビージェイクラシックコレクション)

いつの時代もかっこいい…そんな眼鏡って素敵ですよね。
50年先、100年先も変わらない本物志向の眼鏡。


眼鏡作りの原点、
本物のセルフレームを作る為に材料をセルロイドにこだわり製作されています。
このセルロイドは強度があり美しい光沢のでる材料ですが、
発火性が強く大量生産できないため現在ではほとんど使われていません。
このセルロイドの強度に耐えるために金属部品にもこだわりが。


テンプルとフロントをつなぐ丁番は7枚にし、これを星型のカシメで固定されています

BJ Classic Collection P-503 C-1 ¥25,200

続いて、BJ Classic Collectionの中でも比較的注目されることが多い“バラフ柄”

1960年代のアメリカンクラシックの定番“ボストン型”
素材の強度を活かしセルロイドの生地は厚さ4ミリまで削り上げられています。

BJ Classic Collection P-510 C-2 ¥25,200

薄く削り上げられたBJのボストンは女性の方でもボリュームが抑えられ
カジュアルに掛けこなすことができます。

眼鏡作りの秀逸さが光る“BJ Classic Collection”
是非店頭で、セルロイドの質感を確かめてみてください。
福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。

スタイリストの“ソニア パーク”さんが、
BJ Classic Collectionについて雑誌で語られています。

「職人のすごさは、自分が前に出ることなく、

何十年と作り続ける点にあると思うんです。

手が、常に同じ物を生み出せることがどれだけ尊いか。

この眼鏡にもそんな美しさを感じます。」

『Casa BRUTUS 』より


お問合わせはコチラ


コメントはありません コメントする