色弱用眼鏡レンズ『ダルトンレンズ』 福岡天神大名の眼鏡(メガネ)のセレクトショップGlass Shop EYEROBICS(アイロビクス)

こんばんは

Glass Shop EYEROBICS井手です。

ame (36)
昨日に引き続き今日もすごい音を立てて雨がふりました。

ピカッと光った直後、ものすごい雷の音がして雷が苦手な私はハラハラものでした(*_*;

そんな大雨のなかご来店くださった皆さまありがとうございます!!

今日は、色弱用補正レンズ『ダルトンレンズ』 についてご紹介したいと思います。

随分前に一度ご紹介した色弱用メガネレンズですが、最近お問い合わせも多いので

もう一度ご紹介したいと思います。(^^♪

色覚異常(色弱)は遺伝子の変異のため、色の見え方が通常より少し異なります。

日本人では男性20人に1人、女性500人に1人の約300万人の方が色弱だと言われています。

ただ色弱といっても大半の方は特に生活に支障がなく過ごしていらっしゃいます。

しかし、職業柄必要だったり、もうすぐ始まる夏の花火大会の時など、このメガネを通して見た方が色が綺麗に見えるのでおススメです。

現在の医療では色覚異常を治療することはできず、『ダルトンレンズ』のような補正手段しか方法がないのが現状です。そして以前は小学生の時に検査があっていたかと思いますが、平成15年に検査が撤廃されてからは自分が色覚異常だと気づいていない方も多くなってきました。

どのようなものか実際に画像を見て頂きましょう。

多くの方がこのような絵を検査で見られたことがあると思います。

『89』に見えるor『52』に見える、まずどちらが見えるか確認して、、、

それから下の写真の12種類あるレンズの中からパソコンを使った検査によってどれが適正なレンズなのかを選んでいきます。

実際にレンズを通してみるとこの様になります。

実際に検査をしてお客様と話していると、

・焼き肉の焼け具合が分かりにくい。

・コカコーラの自動販売機が暗い赤色だと思っていた。

・白いシャツと思って着てたけど、実際ピンクのシャツを着ていた。

・赤茶色を緑っぽい茶色だと思っていた。(当店の床の色が赤茶色なので)

など、やはり裸眼だと少し認識が違うようです。

親御さんがお子様をお連れになったり、奥さまや彼女さんといらっしゃる方も多いのですが、

「今までどんな感覚なのか理解してあげれることができなかったけど、これでわかったわ~」

とお連れの方も喜ばれます。
家族で気持ちが共感できる分、花火に行かれたり、紅葉狩りに行かれる時にダルトンメガネを持参して頂くと、更に楽しくなりそうですよね(o^∇^o)ノ

当店ではこのレンズを取り扱いを始めてから十数年経ちましたが、毎月福岡の方だけではなく、県外からも沢山の方に体験に来て頂き、見え方に感動して頂いています。

まだまだ知らない方も多い、この『ダルトンレンズ』。

無料体験も行っていますので、ご興味がある方、周りの方に色弱の方がいらっしゃったりしたら是非お気軽にお問合わせください。
ご購入・お問い合わせはこちらをご覧ください。

その他、目に関する質問やご相談。眼鏡の修理なども随時受け付けてます。

皆様のご来店を福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしております。

お問合わせはコチラ

facebookはコチラ

眼鏡名店街はコチラ


カテゴリー: ブログ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です