アイロビクスの技術的なブログ。

こんばんは
Glass Shop EYEROBICSの河端です。

今日は、商品紹介から少し離れて普段お店で行っている基本的な技術のお話。

アイロビクスでお取り扱いしている眼鏡は国内から海外フレームまで様々。
もちろん『ジャパンフィット』と呼ばれる日本人向けにサイズ感を合わせたモデルもあります。
特にセルフレームと呼ばれるプラスチック系のフレームは
メタルフレームのように鼻足が無い為、そのままではまず調整は不可能。

(画像はメタルフレーム。画像のように工具を使い調整可能)

(画像は、一般的なセルフレーム。奥が『ジャパンフィット』)

手前が、ノーマルパッド。


見てわかる通りで鼻の高さも変わりズレにくく日本人の鼻筋に合わせやすいパッドの形状。
もちろん、ノーマルのままでも大丈夫な方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、掛け心地を追求していくとパッドの交換は避けては通れないのです。

アイロビクスではノーマルの状態からジャパンフィットのノーズへの付け替えも行います。
これはご購入いただいたお客様には無料で行っているサービスです。

場合によっては、元々ジャパンフィットのモデルで鼻が高い方などには逆に削ることもあります。
それほど、見極めが大切な部分であるのです。

そして今回のご依頼は、掛け位置を上げることと“まつ毛”対策。
プラス、デザインを損ないたくないので付け替えではなく別の工程を踏みました。

まずノーマルの状態。
この状態のまま特殊な樹脂系の液体をノーズ部分に塗っていきます。
そして光にあて硬化させてノーズを大きく盛っていきました。

だいぶノーズが大きく盛れているのがわかります。
また別の角度から

上画像はノーマル。

そしてカスタムバージョン。
これだと付け替えと違い見栄えも綺麗にジャパンフィットに近づきます。

フィッティングの際に、ノーズのタイプを見極め最適なパターンをお話して
快適な掛け心地へとお導きいたします。

もちろん、現在お持ちの眼鏡やサングラスをお持ち込みいただいてもOKです。
お気軽にお問合わせください。
その他、目に関する質問やご相談。眼鏡の修理など随時受け付けてます。

福岡 天神大名のアイロビクスでお待ちしてます。


お問合わせはコチラ


カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です