ブランド紹介

EnaLloid(エナロイド)


1947年創業の『恵那眼鏡』が製造。
業界では珍しい分業ではなく『一貫生産』でこだわりももった眼鏡が作りだされる。
フランスのデザイナー“アンソニー・メイマ”を起用した『メイマデザイン』や
ドメスティックブランド“マーカ”、世界一キュートなネクタイブランド“giraf(ジラフ)”、
吉田かばんとのコラボでも有名な“ヤブノケイセイ”などのコラボモデルも注目されています。
2012年日本武道館公演を最後に解散した伝説的バンド『東京事変』とのコラボは多くの話題を呼んだ。

EnalLoidの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンク⇒
http://www.thorough.jp/enalloid/

OG×OLIVER GOLDSMITH

名称未設定 1のコピー

1926年、フィリップ・オリバーゴールドスミスによって創業し、
今年ブランド設立88周年を迎えるアイウエアブランド
「OLIVER GOLDSMITH(オリバー・ゴールドスミス)」。

近年は過去の製品の発掘と検証に重点を置き、それらをアップデートする形で、
現代のライフスタイルに合わせたアイウエアを提案して参りましたが、
このたび、100周年に向けた新ライン
『OG×OLIVER GOLDSMITH(オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス)』
を立ち上げる運びとなりました。
OG×OLIVER GOLDSMITHの詳しい情報はブログで紹介しています

BJ Classic Collection


古き良き時代のクラシカルヴィンテージ。
かつて、眼鏡が、職人達に1本1本丹精こめて作られていた、古き良き時代がありました。
そんな時代の、眼鏡作りの原点に立ち戻り、
手間がかかるため失われてしまった技術を掘り起しながら、専属の職人達が忠実に再現。
デザインとしては、流行に左右される事のない「いつの時代にもかっこいい本物志向の眼鏡」
BJ Classic Collectionの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンク⇒
http://www.bros-japan.co.jp/index.php

THE BARRACKS

dog

ザ・バラックスのアイウエアは、米軍が兵士に対して兵役時に際して
支給していたヴィンテージの眼鏡にインスパイアされたブランドです。

ザ・バラックスのプロジェクトは、UNITED ARROWS、
J.Sabatino、GLOBE SPECS、3社のコラボレートコレクションです。
THE BARRACKSの詳しい情報はブログで紹介しています

Lesca LUNETIER

le01%e3%83%bc
フランスの東南山岳地帯であるジュラ地方。
古くから手作業の製造が盛んで眼鏡作りでもヨーロッパに於ける中核的な地域として発展してきました。

20世紀初頭よりこのジュラ地方で眼鏡に携わってきたlesca家は
1964年に自身のブランドである『lesca LUNETIER』を立ち上げます。
ジュラに点在する職人たちとの深い信頼関係があり、
過去から受け継いできた役割を大切にしているからこそ出来る事です。
これこそが「French Heritage(フランスの伝承)」です。
Lescaの詳しい情報はブログで紹介しています

MAX PITTION

map04%e3%83%bc
1921年3月1日にフランスアルプスの南ジュラにある小さな町オヨナで生まれたMAX PITTION
1940年代には家内工場であるピッツィヨン・ルネッテリア(ピッツィヨン眼鏡)で
セルロイド眼鏡の限定生産をしていた。

ピッツィヨン・ルネッテリア(ピッツィヨン眼鏡)の黄金期は、
工場が200人以上の従業員を抱えるようなった60~70年代である。
マックスは眼鏡製造組合である「Chamber Syndicale de la Lunetterie(眼鏡組合協議会)」の会長になり、
続いて1967には「シルモ・パリ国際眼鏡見本市(SILMO)」の創設メンバーの一人となった。

この見本市は毎年オヨナで開催されてきたが、
その後パリに移り世界最大で最も有名なアイウエア展示会となったのである。

その後1977にマックスは退陣。そして1981年、60歳の時に引退した。

マックス没後4年となる2013年に、マックスへの尊敬の念と追悼の意味を込めて
MAX PITTION(マックスピッツィヨン)「Born in France(フランスに生まれて)」
ブランドが再スタート。
MAX PITTIONの詳しい情報はブログで紹介しています

OAKLEY(オークリー)

「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」を第一に考え、
常に問題意識を持って製品に接し、追求し、解明しながら歩み続けてきたオークリー。

レンズはUV-A、UV-B、UV-Cそして有害な青色光を100%遮断。
耐衝撃性や柔軟性など数多くの特許を持ち
いまもトップアスリートに絶大の支持を持つ。

oakley060302 oakley060305

OAKEYの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンク⇒
http://www.bros-japan.co.jp/index.php

Persol(ペルソール)

1938年に創業したイタリアのブランド。
イタリア語で『太陽に対して』『太陽を防ぐ』などの意味を持ち
イタリア軍やNASAへの納品など信頼度の高い強度を兼ね備えたサングラス。
往年の銀幕スターも愛用しスティーブ・マックイーンが愛用していたことでも知られる。

Steve Persol OP0714 Persol 2953-S

PERSOLの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

BOSTONCLUB(ボストンクラブ)

1984年創立時に製造していた、社名を冠したブランド“BOSTON CLUB”。
当時若者の間で流行していた少しルーズでクラシカルなデザインや、
現在のトラッドスタイルにもなっているセル巻フレーム、
伝統を着崩したプレッピーな跳上げ式フレームなどの機能型デザイン。
当時トレンドだったシェイプを、コンテンポラリーなデザインでよみがえらせた。
製造は全てメイドインジャパン、同社で保管されていた30年前の金型や図面を基に、
新たなジャパニーズトラディッショナルを提唱。
過去の優れたデザインの復刻により、モノづくりの原点と理想を更に追い求めていく。

IMG_4933 IMG_4968

BOSTONCLUBの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

Mr.Gentleman

_DSC0239
“Mr.Gentleman Eyewear”のブランドコンセプトは『憧れを生みだす物』

デザイナー高根氏。
2002年ハイコンセプトオプティカルストア『sense』をオープン。
2012年、次のステージとして高根氏が考えたのは
『自らの手で人々が憧れる存在を作り出す事』
それは眼鏡店のオーナーとしてではなく1人のデザイナーとして。

“Mr.Gentleman Eyewear”は過去に影響を受け憧れたミュージシャン
俳優・音楽そして映画をデザインインスパイアにして、
色あせる事のないスタンダードなデザインのアイウエアを作り続けている。
Mr.Gentlemanの詳しい情報はブログで紹介しています

BCPC(ベセペセ)

かの人気ブ ランド「ジャポニスム」を世に送り出しているボストンクラブの新ブランドがベセペセ。

「BCPC」はラテン語。

“偏見から開放された自由な発想をデザインする”というコンセプトから命名された。
ベセペセはヨーロッパ調のカラーリングとスタイルを意識したJAPAN製。
デザイン・仕上りの良さ・価格と魅力あふれるラインナップになっている。
いまイチオシのブランドである。

bcpc.up BCPC BP-3160 001,005 bcpc.grey

BCPCの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーリンク⇒
http://www.bostonclub.co.jp/brand_bcpc.php
*細川朋子
福井県の専門学校を卒業後ボストンクラブへ。98年に眼鏡をファッションとしてとらえる人たち向けの「BCPC」のデザイン担当。

JAPONISM(ジャポニスム)

1984年、福井県鯖江市で創立されたボストンクラブが、96年に発表したブランド。

「高品質/シンプル/フレームそのものの存在感/デザインだけで終わらない機能性と実用性/遊ぶ心をエッセンスに、機能が自然な形状に内包されたフレーム」をコンセプトに毎回斬新なコレクションを展開している。

japonism0303ー

japonismの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンク⇒
http://www.bostonclub.co.jp/brand_japonism.php

*笠島博信

デザイン専門学校を卒業後、福井県鯖江市に創立されたボストンクラブに入社。現在、デザイン企画室長を務め、眼鏡のデザイン、およびデザイナー全般を統括する。

 

THIERRY LASRY (ティエリーラスリー)

2006年にティエリー ラスリーが自身の名を冠したアイウェアブランド
『ティエリー ラスリー(Thierry Lasry)』をスタート。
父親もオプティシャンであり、母親はデザイナー。

フランスの熟練の職人がハンドメイドで作るアイウェアで
素材にはイタリアの老舗メーカーであるマツケリー社のアセテートのみを使用。
またサングラスによくあるテンプルなどに大きいブランドのロゴを見せたりしないなど、
多くの拘りを持つアイウェアブランドです。

thierry060101 thierry060104

THIERRY LASRYの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

Frency&Mercury(フレンシーアンドマーキュリー)

Frency & Mercury

Frency&Mercuryの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

AKiTTO(アキット)

Concept

たとえば、装いに華やぎを添えるアクセサリーのように。
AKITTOは、掛けることでより女性らしさが引き立つような
アイウェアでありたいと考えています。

可愛いけれど、甘すぎない。
ほんの少しの色気も取り入れて。
掛ける人、そして傍にいる人にとっても
ときめきを与えられるような存在でありますように。

Design/Detail

フロントは女性の表情に違和感なく溶け込むよう
シンプルで柔らかなシェイプに仕上げています。
また、色とりどりのスワロフスキーや七宝などを贅沢にあしらい
行き過ぎない華やかさをプラス。お顔を明るく彩ります。

そしてもちろん、眼鏡としてのクオリティにもこだわり
AKITTOのフレームはすべて日本で生産。
眼鏡産地・鯖江の高度な技術や昔ながらの手作業を活かし
掛け心地だけでなく質感や触感にまで気を遣いながら
1本ずつ丁寧に仕上げています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Designer
川上明仁(Akihito Kawakami)
1976年、眼鏡店の二代目として生まれる。
眼鏡専門学校を卒業後、1996年より眼鏡のセレクトショップに勤務し、販売やオリジナルブランドのデザインを担当。
その後、2008年よりデンマークのアイウェアブランドでデザイナーを務め、2012年に独立。自身のブランドとなる「AKITTO」を立ち上げる。

Akittoの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

Lafont(ラフォン)

1923年、ルイ・ラフォンがパリ、マドレーヌにラフォンブティック(眼鏡店)をオープンしたのをきっかけにラフォンのストーリーは始まりました。

パリの街並みの建築物、アートギャラリー、美術館…ラフォンの絶え間ないインスピレーションの源はパリの街に溢れています。美しいレーシーなデザインや、色使い、ラフォンの魅力はそこにあると思うのです。

lafont033

LAFONTの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

Orgreen(オルグリーン)

1997年、ヘンリック・オルグリーンがインダストリアルデザイナー、トビアス・ワンダラップ氏らとともにブランドスタートさせたデンマーク発のアイウエアブランド。

オルグリーンは、2001年国際的なアイウェアーショー、パリ・シルモ展でデビューを果たす。

世界的にも著名なデンマークデザインアカデミーのバックアップのもとで『機能とデザインが融合されたアイウエア』をコンセプトに開発されている。北欧の美しいフォルムと清潔なカラーリングが特徴。

ニューコレクション、エアラインシリーズは、過去にヨーロッパで活躍した戦闘機をモチーフに開発されている。フロントにチタン材、テンプルにベーターチタン材を使い、全面レーザーカットによって、さまざまなスタイルの直線を組合せ、フレームの表情に変化をもたせ、当時の戦闘機を表現している。

skybulue ORGREEN TOKYO

orgreenの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンクはこちらから

YUICHI TOYAMA(ユウイチ トヤマ)

デザイナーは外山雄一。

2009年設立のブランド「USH」から名称変更し、2017年春夏コレクションよりスタート。
ブランドポリシーは「伝統的な技術と革新的なデザイン」。
外山が自身に課した5つのルーティン(見る、考える、描く、作る、壊す)を根幹にデザインをしたフレームは、
独創的でありながら、ユーザーの日常に寄り添うプロダクトとして国内外にて高い評価を得ている。

YUICHI TOYAMAの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

TOMFORD(トムフォード)

TOMFORD TF9256 TOMFORD TF5142 TOMFORD TF5163

多くのハリウッドスターや、著名人が愛用するトム・フォードアイウエア。
映画『シングルマン』のモデルは今なお人気だ。
TOMFORDの詳しい情報はブログで紹介しています

KAMURO(カムロ)

KAMRO CIRCLE KAMURO galassia KAMURO Masa

kamuroの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーサイトはこちらから

TALEX(タレックス)

TALEXの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーサイトはこちらから

MYKITA (マイキータ)

「ic! ベルリン」の3人の創業者のうち、フィリップ・ハフマンスと、ハロルド・ゴッシュリンク、が2003年に同ブランドを去ったのち、2004年、フィリップの弟ダニエル・ハフマンスとモーリッツ・クルーガーがマネージング・ディレクターとして加わり、4人で新ブランド「MYKITA」をスタートさせた。

厚さ0.5mmのステンレスシートを採用したフレーム、ネジを用いない、独特開発のスパイラル構造など、『掛けてる事を忘れてしまう、最小限の重さで最大限の掛け心地』をテーマに、ステンレス鋼を素材とした丁番を使わない超軽量かつ、ステンレスではタブーとされてきた矯正、調整できるクールな眼鏡を発案。

創業まもない2007年には世界的権威を誇る「IFプロダクトデザイン賞」と「レッドドット・デザイン賞」を受賞など輝かしい実績を誇る。この全世界で爆発的に人気のブランドは、常に工業デザイン、スタイリッシュなデザインと、人間工学的発想を融合し、最新式の技術を駆使しながら、常に刺激的かつ、新鮮な作品を作り上げている。

同ブランドはブラットピット・アンジェリージョリー夫妻やトムクルーズを始めとしたハリウッドスターも愛用。

またMYKITAとは、 My Kindertagesstaette、ドイツ語の幼稚園という単語の頭文字から作られた造語。以前幼稚園だった場所を現在彼らのワークショップとして使用している事から命名されている。

mykita_bonnie MYKITA_JAMES 

mykitaの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンク⇒
http://www.mykita.com/

*左から、フィリップ、ハーラルド、ダニエル、モーリッツ。

大学の同級生だった二人。フィリップは、芸術的センスに優れ、ハロルドは、職人肌。インダストリアル的発想の持ち主。

 

FACEaFACE(ファースアファース)


アランミクリ、ラフォン等一流ブランドで修行した3人の女性デザイナー、パスカル・ジョーロン、ネイディーン・ロス、そして、アラン・ミクリの下で働いていたアリソン・マギーの三人が95年に設立。

近代建築をモチーフにデザインする、という斬新な手法で作り出されるフレームは、質感、配色、形状等ユニークなものばかりで、見ているだけでも楽しくなる。

マドンナ、ジェニファーアニンストン、ジェニファー・ロペス、シャロン・ストーン、リサクドロー、ポールベルモント、ペネロ・ペクルスなど、一流のセレブが愛用。

NYやLAのバーニーズで取り扱われるなど50カ国以上の国々で展開されている。

FaceaFaceの詳しい情報はブログで紹介しています
メーカーリンク⇒
http://www.faceaface-paris.com/

J.F.REY(ジェイ.エフ.レイ)

デザイナー、ジャン・フランソワ・レイが20年間手掛けているブランド。

フレームは彼自身のルーツである自然や古代文明、地中海をイメージしてデザインされ、ジョエル婦人がカラーや生地等を決定、夫婦の合作によるコレクションである。セカンドラインの「BOZ」も遊び心溢れるデザインが好評。

1950年、フランスのスイスとの国境に近い、眼鏡産地として有名なジェラ地方に生まれる。生家が祖父の代から眼鏡工房を営んでおり、幼い頃からごく自然に眼鏡の興味を持ち、気がついたら、アイウェアデザイナーになっていたという。

1978年、南仏のマルセイユを拠点に、自身のデザインするブランド(IDC)を立ち上げた。

現在では世界20数ヵ国に販売し、そのファンを魅了し続けている。

アイウェア界のベテランとなった今でもその手法は、アセテート生地の独特なカッティングやメタルとのコンビネーションは、3次元な奥行きと空間を持たせ、眼鏡のデザインとは思えないほど、芸術的で遊び心溢れるコレクションになっている。そのデザインもさることながら、年間を通して発表されるモデル数は、 100モデル以上もあり発想は尽きることはない。

また婦人のジョエルも復帰し、セカンドコレクションのBOZ(ボズ)を担当する。ジョエルならではの女性らしいデザインやカラーで、ジャンもその感性を認めているところである。

2004年10月、フランス・パリで開催された37回国際眼鏡展示会、SILMO展にてアイウェア界のアカデミー賞とも言える、 SILMO d’Or(シルモドール)のグランプリをJ.F.REYが念願の初受賞し、2005年もBOZが連続して受賞。同部門を連続して受賞することは、大変難しいことで、フランスのマスコミでも紹介され、名実ともにフランスを代表するアイウェアデザイナーとなった。

J・F・REYIMG_2989 J・F・REY_2990

メーカーリンク⇒
http://www.jf-rey.jp/

*ジャン・フランソア・レイ

フランスの眼鏡工場が多くある地域ジュラにて生誕。雑誌ELLEにて紹介されヨーロッパにてブレーク、後、全世界に広まる。他にアニエスbのコーディネイトも勤める。

 

KAME-MANNEN(カメマンネン)

創業は戦後間もなくという歴史を持つ、福井の製造会社「福井光器」が開発したブランド。

「長く使える良い眼鏡」をコンセプトに、アンティークのデザインを基本としながら、最新のチタン素材、プレス製法等を用い、デザイン、機能性ともに申し分の無い仕上がりになっている。

メーカーリンク⇒

http://kamemannen.com/

 

KazuoKawasaki(カズオ カワサキ)

インダストリアルの考え方基づいた、ストイックかつミニマルな設計。

人間工学に基づいたアイウェア「Kazuo Kawasaki」、アンチテンション、アンチグラビティーといったコンセプトのもとに作られるフレームは、デザインの中に機能性が息づいている。

レンズにまったく圧力をかける事無く、テンプルに圧力がかかってもレンズ自体には歪みを生じさせないという構造をもつアンチテンションフレームは、「メガネフレームのデザインを、10年進化させた」と賞賛され、欧州を始めとする、数々のデザイン・コンペティションに於いて、グランプリを総なめにしている。

kazuo.mp120tya

kazuokawasakiの詳しい情報はブログで紹介しています

メーカーリンク⇒
http://www.masunaga1905.jp/kazuokawasaki/

*川崎和男

日本を代表するインダストリアルデザイナー、1949年福井市生まれ。

プロダクトデザインを中心とし、デザインディレクターとして伝統工芸品、メガネ、たわしから人工心臓まで幅広くデザイン活動を行う。国内・海外デザイン賞を多数受賞。名古屋市立大学大学教授で医学博士。人間工学に基づいたデザインが特徴で、フランスで行われる眼鏡の展示会(Silmo2000 Grand Prix)にてグランプリ受賞をはじめ、ICSID(世界インダストリアルデザイン団体協議会)特別賞、グッドデザイン金賞 他、さまざまな賞を獲得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です